実績報告

日時:平成30年9月20日(木) 19:00~21:00
場所:姫路・西はりま地場産業センター
テーマ:「リハ職がICFで考えることができるために
    ~ICFで評価する段階をグループワークで学ぶ~」

 3士会中播磨ブロックと合同研修を開催し、40名以上の中播磨圏域で活躍するPT、OT、STに参加していただけました。
 地域リハビリテーション活動支援事業の推進に伴い、リハ職のアセスメント力、提案力が求められています。今回、事例をもとにICFを用いて情報を整理し、他職種でのグループワークを通じてアセスメントを学んでいく研修会を開催しました。さまざまな意見、考え方をディスカッションすることができ、活発な意見交換を行うことができました。現在、第2回研修会も企画しておりますので今後ともよろしくお願いします。

日時:平成30年12月4日(火) 14:00~16:00
場所:中播磨健康福祉事務所
テーマ:「神経難病患者のコミュニケーション障害とは」
    「構音障害及び嚥下障害のリハビリについて」

 平成30年度難病在宅療養支援推進研修会で当圏域支援センターの津田、徳澤が講演を行いました。医師、看護師、介護支援専門員、リハビリテーション専門職等40名以上参加していただくことができました。難渋することの多い神経難病患者の構音障害の特徴、簡単にできる発声訓練・発語器官機能訓練を学ぶ機会になったと思っています。他にも失語、構音障害、嚥下障害等でお困りのケースがありましたら当圏域支援センターにご相談ください。