理事長 石川 誠

理事長ご挨拶

当院は昭和46年に、外科・整形外科を専門とする62床の病院としてスタートいたしました。

昭和51年4月には、医療法人『仁寿会』に改め、現在は外科・整形外科・内科・呼吸器科・胃腸科・肛門科・脳神経外科・耳鼻咽喉科・リハビリテーション科・放射線科・泌尿器科を標榜し、医療技術を通じて地域社会にお役に立てるよう、職員ともども日々努力しております。

別所地域の特徴として、親子三世代同居が非常に多いことがあります。つまり若年層から高齢者に至る幅広い対応が必要不可欠であります。
特に昭和50年代、アメリカ留学中に経験した『家庭医制度』をいち早く取り入れ、多世代にわたり信頼と安心が得られる病院を目指してきました。

地域社会とともに歩み、一般病床60床・回復期リハビリテーション病床117床と、老人保健施設100床を加え、皆様のご要望に、より一層応えられる体制作りに努めて参りました。

昨今の厳しい医療環境を乗り切るため、さらに強い組織を築き、より信頼される病院運営に皆様のお力添えをいただきながら、さらなる努力を重ねて参りたいと思います。

☆平成29年 兵庫県功労者表彰 受賞☆

当法人の石川誠理事長が、兵庫県民間病院協会 会長をはじめとする多くの功績により、兵庫県功労者表彰(健康功労)を受賞いたしました。