オプトアウトについて

臨床研究のうち、対象患者への侵襲や介入もなく、診療情報等の情報のみを用いる研究等について、「対象となる患者さまのお一人ずつから直接同意を得る必要はない」とされていますが、研究の目的を含めて、研究の実施についての情報を公開し、さらに拒否の機会を保障することが必要とされています。

このような手法を「オプトアウト」と言い、当院でオプトアウトを用いた研究は以下のとおりです。

研究への協力を希望されない場合は、当院ホームページのお問い合わせメールにてお知らせください。

承認の研究
部門 研究課題名 実施期間
整形外科 日本整形外科学会症例レジストリー(JOANR)構築に関する研究 2020/4/1~
リハビリテーション科 リハビリテーション評価・診断支援システム開発 2019/10/1~